詐欺サイトの被害にあわないために|もし被害にあってしまったら

こんにちは、ReyLuke(れいるーく)です。

 

刺繍やクロスステッチをしていると「新しい図案やキットをやってみたい」「近くの手芸屋さんには売っていない色の刺繍糸や道具を購入したい」など、ネットで購入する機会が増えてきます。

 

欲しいクロスステッチキットが安く売ってるけど、このお店で買っても大丈夫?

最近は、悪質な詐欺サイトが増加しており、以前に比べると手口も巧妙になってきています。

 

今回は、ネット通販詐欺に関して「見破る方法」や「対処法」、「もし被害にあってしまったら」を詳しく解説していきます。

 

 



詐欺サイトとは

他人をだまして、金銭を騙しとったり損害を与えたりするインターネットで表示されるページのことです。

 

詐欺サイトには、いろんな種類のネット詐欺の手口があります。

ネット通販詐欺

インターネットで商品を購入しようとして、お金を支払ったのに商品が届かない、本物によく似た偽物の商品やコピー品が送られてくる詐欺です。

また、クレジットカード情報を騙し取ったりする悪質な偽ショッピングサイトもあります。

 

フィッシング詐欺

実在する企業を装ったメールなどが送られてきて、ログインIDやパスワードを取得することを目的とした詐欺です。

「重要なお知らせ」や「パスワードを変更してください」などを装って、本物のホームページやログイン画面とそっくりな偽サイトに案内されます。

 

ワンクリック詐欺

金銭を請求する画面が表示される詐欺です。アダルトサイトや出会い系サイトに多いです。

登録するつもりがないのに「登録完了しました」と表示され、記載されている口座番号に振込みしてしまったり問い合わせ電話番号に電話をかけてしまったりする人を狙った架空請求です。

 

偽セキュリティソフト詐欺

突然画面に「ウイルスに感染されました。セキュリティ対策をしてください。」という偽警告メッセージが表示されます。

指示通りに進むと偽セキュリティソフトをインストールさせられて、高額なセキュリティソフト代金を請求されたり、ウイルスをインストールさせられてパソコンやスマホ内の個人情報やクレジットカード番号などを盗むのが目的です。

 

 

ほかにもサイト詐欺には多くの種類があり、手口も新しく巧妙になってきています。

 

それでは、ネット通販詐欺について詳しく見ていきましょう。

詐欺サイトの特徴・見破る方法

詐欺サイトの特徴は、手口が巧妙になっているので日々変わってきています。

 

実在している会社名や連絡先を使って、支払口座だけ変えられると実際見破るのも困難です。

その中でも今のところ使える見破る方法を説明します。

値段が安すぎる(通常価格の半額以下になっている)

通常価格より安すぎる場合は、詐欺だと疑ったほうがいいです。商品を元から送るつもりがないので値段はいくらでも安くできます。

 

日本語が不自然

前の詐欺サイトで使っていたと思われる「ナシャレ」という名前がそのまま残っています。株式会社が2つ連続しています。(実在している会社名を使っている場合も多いです。)

最近は巧妙になってきていて、不自然な日本語を見つけるのは難しいです。

 

支払方法が銀行振込のみ

クレジットカード支払いができるように見せかけて、購入画面でクレジットカード支払いが選べない場合が多いです。

 

存在しない住所・電話番号が載っていない

ネット販売では「特定商取引法に基づく表記」を記載する義務があります。その中に電話番号が載っていないのは、詐欺サイトを疑ってください。住所もでたらめの場合が多いです。

 

検索上位のサイトも危険

「メーカー公式」「激安」のキーワード検索は非常に危険です。

検索エンジンも対策はしていると思いますが、新しい詐欺サイトが次々できるのでどうしても上位表示されてしまいます。

 

「メーカー公式 HAED」で検索してみたら、検索上位4つのサイトは全て詐欺サイトでした。確認したところ4つ全て「ページが見つかりません」になります。

2番目は、安心できるお店「ステッチビーイング」の名前を騙った悪質なサイトです。

 

 

詐欺サイトにあわないための対処法

一番良いのは「いつも利用している安心できるお店から買う」「安すぎる初めてのネット通販サイトは利用しない」です。

 

どうしても初めてのネット通販サイトを利用する時は、次のことを試してみましょう。

 

表示されたページのURLを確認する

URL(ホームページのアドレス)の左側に「鍵マーク」が付いていないサイトは(ネット通信が暗号化されていないので)危険です。

 

ドメイン(URLの最後)が「.com」「.net」「.jp」以外の見慣れないものは注意です。

「.pw」「.top」「.xyz」などの見慣れないドメインは安く取得できるため使い捨ての詐欺サイトである可能性があります。

 

口コミ・評判を調べる

そのネット通販サイトを利用したことがある人の意見を参考にしましょう。

 

「会社名+詐欺」で検索する

詐欺被害にあった人がいないか確認しましょう。

 

住所で検索する

ほかの詐欺サイトで住所で検索してみたところ、旅館の住所でした。(電話番号も末尾が1番違い)

詐欺サイトでない場合は、その会社名が検索結果の上位に表示されるはずです。

 

電話してみる

イタズラ電話はだめですが「ホームページを見て買いたいのですが、○○円で売っている○○という商品の在庫はありますか?今日注文したらいつ頃届きますか?」のように在庫の確認や納期の確認のための電話なら問題ないです。

 

 

もし詐欺サイトの被害にあってしまったら

正直、一度振り込んでしまったらお金が戻ってくる可能性は低いです。

クレジットカード支払いの場合は、すぐにクレジットカード会社に連絡しましょう。

 

消費者ホットラインに連絡する

全国の消費生活センター等_国民生活センター

※消費者ホットラインのホームページは左側に「鍵マーク」が付いてないんですけど・・。

局番なしの「188」です。

 

インターネットでの悪質な商法、詐欺行為などの相談を受け付けている窓口です。商品が届かないけど詐欺かどうか微妙な場合でも気軽に相談できます。

 

メールアドレスやパスワードを変更する

詐欺サイトの新規会員登録で、メールアドレスやパスワードを設定してしまった場合、他のサイトでも同じパスワードを利用しているなら、他のサイトのパスワードをすぐに変更してください。

メールアドレスも変更した方がいいです。メールアドレスを登録しているサイト全てにも変更手続きが必要になりますのでかなり面倒ですが、そのまま放っておくと取り返しが付かないことになる可能性があります。

 

警察に被害届を提出する

交番ではなく、最寄りの警察署に行きましょう。「相談」ではなく、「被害届の提出」に行きましょう。

 

警察も忙しい(面倒くさい?)のでなかなか被害届を受け付けてくれないかもしれません。

「相談」だと警察は話を聞いてくれるだけで、こちらの注意不足などを指摘されて「被害届」は書かせてもらえず不快な思いだけして帰ってくることになる場合もあります。

 

「被害届を提出しに来ました」とはっきり言うことで必ず警察側は被害届を受理しなければならなくなります。

犯罪捜査規範
第61条(被害届の受理)
第1項 警察官は、犯罪による被害の届出をする者があったときは、その届出に係る事件が管轄区域の事件であるかどうかを問わず、これを受理しなければならない。
もっていく物
  • 身分証明書(免許証、パスポートなど)
  • 印鑑(認め印)
  • 被害にあった証拠(販売サイトのコピー、やり取りしたメールのコピー、振り込んだとこがわかるもの)

 

被害届を提出するための事情聴取にはかなりの時間がかかります。また、海外の詐欺サイトなどは犯人の特定が難しく、必ず捜査してもらえるとは限りません。

 

 

まとめ

詐欺サイトの被害にあわないためには、少しでも怪しいと思ったら購入しないとことです。

 

品切れでどこにも売ってないものや値段が通常より安く売っていると、つい買いたくなってしまいます。詐欺サイトは、そういった購入者の心理をうまく付いてきます。

 

海外メーカーのクロスステッチキットなど、布や刺繍糸を揃えるだけでも原価以下の金額で売っているサイトを見つけたらすぐに閉じてしまいましょう。

 

アマゾンや楽天市場、ヤフーショッピングなどの大手ショッピングサイトなら安全ということはまったくありません。

各出店者の活動内容、各出店者の取扱商品・サービス内容、各出店者のページ上の記載内容、およびお客さまごとの各出店者の取扱商品・サービスの購入の可否については、各出店者が責任を負っており、当社は責任を負うものではありません。

と免責事項についてヤフーショッピングでは記載されています。

 

詐欺サイトの被害にあわないためには、自分の身は自分で守らなければなりません。

詐欺被害にあってしまったら、いろんな処理や対応に追われて、お金だけではなく時間も気力も奪われてしまいます。

 

みなさんも詐欺サイトには十分気を付けましょう!

コメント

タイトルとURLをコピーしました