アイーダとジャバクロスとリネンは何が違うの?クロスステッチ布の種類

こんにちは、ReyLuke(れいるーく)です。

 

クロスステッチ用の布を選ぶとき、いろんな種類があって悩みますよね。

 

そもそもアイーダってなんのこと?素材のこと?それとも織り方?

アイーダとジャバクロスの違いって何?何が違うの?

今回はそんな疑問にお答えします。

 

 

結論を先に行ってしまうと、アイーダとジャバクロスは商品名です。

 

どちらもクロスステッチ布で素材は綿100%です。製造している会社が違います。

素材は同じですが製造方法(織り方)が少し違うのでまったく同じものでもないです。

 

リネンは、素材が亜麻100%で平織りなので目が細かく、アイーダやジャバクロスと比べると違いはわかりやすいと思います。

 

 



そもそもアイーダって何のこと?

アイーダとは、商品名のことです。

 

例えば「缶コーヒー」でいうと、サントリーBOSSのようなことです。

つまり「サントリーのボスの贅沢微糖」は、

「Zweigart(ツヴァイガルト)社のアイーダ布の18ct」

といった感じになります。

 

Zweigart(ツヴァイガルト)は、ドイツに本社がある織物生地メーカーです。

https://www.zweigart.de/

 

 

アイーダとジャバクロスの違い

アイーダは、輸入物のクロスステッチ用生地です。

そしてジャバクロスは、国産のクロスステッチ用生地です。

 

素材は同じ綿100%で、どちらもブロック織りですが織り方が少し違います。

 

アイーダは、のりが強くしっかり硬めの布になっています。

ジャバクロスは、のりが弱くやわらかくてしなやかです。

 

 

例えば「缶コーヒー」でいうと、サントリーBOSSとジョージアの違いのようなものです。

 

コーヒーと同じで、クロスステッチ布も人によって好みはわかれると思います。

 

 

クロスステッチ布の種類

それでは、クロスステッチでよく使われる布を一つずつ見ていきましょう。

 

アイーダ


一般的に販売されているカウント数:8ct 11ct 14ct 16ct 18ct 20ct

原材料:綿(コットン)100%

 

製造メーカーはZweigart(ツヴァイガルト)で、主にDMCで販売されています。オリムパスでは、国産のアイーダ布を販売しています。

のりが強くしっかり硬めの布になっているのが特徴です。

 

ジャバクロス

一般的に販売されているカウント数

ジャバクロス25(粗目) 6ct 10cmあたり25目
ジャバクロス35(中目) 9ct 10cmあたり35目
ジャバクロス45(細目) 11ct 10cmあたり45目
ジャバクロス55 14ct 10cmあたり55目
ジャバクロス65 16ct 10cmあたり65目

※ジャバクロスは日本産のため、1インチ(2.54cm)ではなく10cmの間に何目かでカウント数が表されています。

原材料:綿(コットン)100%

 

原産地は日本で主にルシアン(コスモ)が製造元・販売をしています。オリムパスでも販売されています。

ジャバクロスはアイーダに比べると、のりが弱くやわらかい布なので、小物などを作るのに向いています。

 

インディアンクロス

一般的に販売されているカウント数は、13ct(10cmあたり52目)のみです。

原材料:綿(コットン)100%

 

ジャバクロスと同じく日本産のため、ジャバクロスと一緒に分類されることも多いです。

 

日本で商標登録されている商品名で、インド産・インド製ということではありません。

西部商工株式会社

 

リネン

一般的に販売されているカウント数:16ct 28ct 32ct 36ct

原材料:亜麻(あま)100%

※リネンは、英語のlinen(リネン)で亜麻という意味です。亜麻(あま)と麻(あさ)は厳密には違いますが、原材料では「麻100%」と表記されることも多いです。

 

カウント数があり目が細かいリネン布ですが、縦横2マスを1目として刺すことも多いです。

その場合は、リネン28ctですとアイーダの14カウント、リネン36ctですとアイーダの18カウントと同じ大きさになります。

 

リネン布は上級者向きです。布が薄くやわらかいので、刺すときに強く糸を引きすぎると歪みを生じる可能性があります。

 

そのほかのクロスステッチ用の布

ほかにも「エミタン」「ルガナ」「コングレス」などの布もあります。すべて商品名です。

 

「エミタン」は、綿100%の平織り布です。針どおりがよく、刺しやすいのが特長です。

「ルガナ」は、綿52%レーヨン48%の素材で作られた布です。レーヨンは再生繊維で、布がとても柔らかく吸放湿性・質感・保温性に優れ、タオルや下着などの衣類に用いられることが多いです。

「コングレス」は、こぎん刺しによく使われる綿100%の布です。

 

抜きキャンバス

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

刺しゅう布 『抜きキャンバス 44目 10cm 544』 LECIEN ルシアン cosmo コスモ
価格:606円(税込、送料別) (2021/2/28時点)

楽天で購入

 

 

クロスステッチに向いていない布にも「抜きキャンバス」を使えばクロスステッチが出来ます。


カバン・洋服・帽子など針が通るものならどんな素材にもワンポイントでクロスステッチできるのが魅力です。

コメント

タイトルとURLをコピーしました