お絵かきソフト「ペイント」で簡単なクロスステッチ図案を作ろう!

こんにちは、ReyLuke(れいるーく)です。

 

小さな図案ならパソコンのお絵描きソフトで簡単に作れます。

 

今回は、Windowsのパソコンに標準で入っているお絵かきソフト「ペイント」を使って、クロスステッチ図案を作る方法を3つ紹介したします。

 

スマホで簡単にクロスステッチ図案が作れるアプリも紹介します。

 

 



ドット絵を描いて図案にする方法

パソコンで「ペイント」ソフトを起ち上げます。

 

「表示」メニューから「グリッド線」にチェックを入れます。

 

「拡大」して、最大の800%にします。

 

「サイズ変更」で、単位を「ピクセル」にして「縦横比を維持する」のチェックをはずします。
「水平方向」と「垂直方向」に好きな数字を入れてサイズを変更します。

32マス×32マスにしました。

 

好きな絵を描きます。

 

描いた絵がそのままクロスステッチ図案として使えます。

 

ドット絵が描けるスマホアプリ

ドット絵が描けるお絵かきアプリを3つ紹介します。スマホでクロスステッチ図案が作れます。

 

ドットピクト

ドットピクト! かんたんドット絵アプリ

ドットピクト! かんたんドット絵アプリ
開発元:MASAKI MITSUYAMA
無料
posted withアプリーチ

ペンを移動してから「push」を押して描くタイプなので、1マスずつ色が塗りやすいです。メインで使っています。

 

8bit Painter

8bit Painter

8bit Painter
開発元:Takayuki Miyagawa
無料
posted withアプリーチ

「画像インポート」でアルバムの写真やイラストをドット絵に変換できます。カラーパレットが使いやすいです。

 

Dottable

ドット絵エディタ - Dottable

ドット絵エディタ – Dottable
開発元:Yosuke Seki
無料
posted withアプリーチ

これも「画像ドット絵に変換」があります。別操作で移動や拡大縮小ができます。

 

 

描いた絵をドット絵にして図案にする方法

「ペイント」ソフトを起ち上げます。

 

好きな絵を描きます。

楕円形だけを使って肉球を描いてみました。

 

「表示」メニューから「グリッド線」にチェックを入れます。

グリッド線(補助線)が表示されました。

 

グリッド線を参考にしてドット絵を作ります。

マスからはみ出たところは消してグリッド線に合わせて塗りつぶします。

クロスステッチ図案の完成です。

 

完成しました。

 

画像を縮小すれば、小さな図案にも出来ます。

 

完成です。足跡になりました。

 

 

写真やイラストを縮小して図案にする方法

「ペイント」ソフトで好きな写真や画像を開きます。

 

「サイズ変更」で、単位を「パーセント」にして好きな大きさに変更します。

150マス×120マスに縮小しています。

 

少し複雑な画像でも「表示」メニューから「グリッド線」を引くだけで図案っぽくなります。

 

色数が多いものだと、ここからクロスステッチ図案にするのは少し大変です。

単色かなるべく色数が少ないほうが簡単に図案が作れます。

コメント

タイトルとURLをコピーしました