布の織り目を利用した糸始末|クロスステッチの刺し始めと刺し終わり

こんにちは、ReyLuke(れいるーく)です。

 

今回は、刺し始めや刺し終わりの糸の始末の裏技を紹介いたします。

 

クロスステッチの刺し始めと刺し終わりは、裏側の糸の間にくぐらせて糸の始末をします。

2本取りなど糸の本数が偶数の場合、刺し始めは「ループメソッド」を使うこともできます。

 

クロスステッチのやり方|布と糸の下準備から刺し始めと刺し終わりの処理
こんにちは、ReyLuke(れいるーく)です。 今回は、クロスステッチのやり方を初心者にもわかりやすく解説します。 「やり方」と一言でいっても ・はじめるために必要な道具 ・刺し方の基本 ・上手く刺すコツ ...
クロスステッチで1マスだけステッチする方法
こんにちは、ReyLuke(れいるーく)です。 今回は、1マスのみステッチする方法を紹介します。 1マスだけ違う色でまわりは別の色がある図案のときは、まわりの色を先に刺していき一番最後に1マスの色を刺します。裏の...

 

 

刺し終わりでまわりにくぐらせる裏側の糸がないときは?

ループメソッドが使えないときの刺し始めはどうするの?

そんなときに使える裏技があります。それは布の織り糸を利用して刺繍糸を固定する方法です。
もしかしたら、意識せずに使っている人も多いのかもしれません。

 

 

スクロールフレームや刺繍枠スタンドを使っていると、布の表側で糸始末できると楽ですよね。

糸始末でなるべく布をひっくり返したくない。

そんなときにも使える布の表側から糸始末できる裏技があります。

 

それでは、「通常の糸始末のやり方」と「布の織り目を利用した糸始末のやり方」を紹介いたします。

 

 



通常の糸始末

クロスステッチでは玉結びでの糸の始末はしません。クロスステッチ用の布は、布目が大きいため玉結びでは布目の穴を抜けてしまいます。穴を抜けないほどの大きな玉を作ると、飾るときに布がデコボコになってしまいます。

通常は、裏側の糸の間にくぐらせて糸の始末をします。

 

裏側の糸の間に糸を通すやり方

布の裏に並んでいる糸の下をくぐらせて針を通します。

 

最後に余っている糸を切ります。

 

裏側の糸に数回からませる(巻き付ける)やり方

裏の糸がタテに並んでいない場合は、裏糸にクルクルと数回からめます。

 

隣の糸の下にくぐらせて巻き付けていきます。

 

最後に余っている糸を切ります。

 

 

布の織り目を利用した糸始末

裏に刺繍糸がまったくない刺し始めでも糸の始末ができる方法を3つ紹介します。

 

このような「星」や「雪」など、1マスだけステッチするときに使える糸始末の方法です。

 

アイーダやジャバクロスなどのクロスステッチ専用の布は、画像のように数本の縦糸と横糸が等間隔で織られています。

その織り糸を利用して刺繍糸を固定します。

 

布の縦糸と横糸の間に糸を通す

布の縦糸と横糸の織り目の間に糸を通します。

 

同じところにもう一度糸を通します。

 

最後に余っている糸を切ります。

 

織り目の隙間は狭いので、これで糸は十分固定されます。あまりきつく締めすぎないように注意してください。

 

布の織り糸の隙間に糸を隠す

マス目の左側の真ん中あたりから針を出し、右側の真ん中へ針を入れます。

 

画像では、糸が織り目の横糸に沿っています。

 

裏から糸を出して引っ張ると、糸は横糸の織り目に隠れて見えなくなります。

 

ステッチの下で糸を始末する(始末した糸をステッチで隠す)

マス目の真ん中あたりで、針を出して少しずらして針を入れます。

 

そのまま左下から針を出して、右上へ針を入れます。

 

始末した糸がステッチで隠れて見えなくなります。

 

 

まとめ

布の織り目を利用した糸の始末の裏技

1.布の縦糸と横糸の間に糸を通す
2.布の織り糸の隙間に糸を隠す
3.ステッチの下で糸を始末する(始末した糸をステッチで隠す)

 

布の織り目を利用した糸の始末は、まわりにほかの糸がまったくない刺し始めでも使えます。

 

1.布の縦糸と横糸の間に糸を通す」が一番簡単ですが、布の裏側で始末する必要があります。

布の表側で始末できるのが、「2.布の織り糸の隙間に糸を通す」と「3.ステッチの下で糸を始末する」です。スクロールフレームや刺繍枠スタンドを使っていて、なるべく布をひっくり返したくないときに便利です。

コメント

タイトルとURLをコピーしました