刺繍糸が毛羽立つ原因と毛羽立たせない方法(毛羽立ち防止)

こんにちは、ReyLuke(れいるーく)です。

 

刺繍やクロスステッチをしていると「刺繍糸が毛羽立つ」ことがあります。

毛羽立つとは、糸の表面がこすれて、細かい毛が数多く立つとこです。

つまり、布に糸が通るときの摩擦によって、糸がこすれて毛羽立ちが起こります。

さらに擦れると刺していると途中に糸が切れてしまいます。

 

刺繍糸を毛羽立たせない方法はあるの?

刺繍糸が毛羽立つのにはいくつか原因があり、原因がわかれば防止することもできます。

 

布にこすれないように刺すには、

・針のサイズを太くする
・刺繍糸の本数を減らす
・刺繍糸の長さを短くする

このあたりを見直すだけで毛羽立ちを抑えることができます。

 

それでも毛羽立つ場合は、

・丈夫な刺繍糸を使う
・刺繍糸を丈夫にする

このあたりを検討してみるのがいいでしょう。

 

今回は、刺繍糸が毛羽立つ原因と毛羽立たせない方法を詳しく解説していきます。

 

 

刺繍糸がねじれる人はこちら

刺繍糸がねじれる人必見!ねじれない刺し方|なぜ糸がねじれるのか?
こんにちは、ReyLuke(れいるーく)です。 クロスステッチを刺していると刺繍糸がねじれてしまうことがあります。 ねじれたまま刺していると糸が絡まったりするので、ねじれるたびに糸をまっすぐに直さなければいけません。 ...

布がほつれる人はこちら

刺し始める前の「ほつれ止め」かがり縫いとまつり縫いの違い【クロスステッチ】
こんにちは、ReyLuke(れいるーく)です。 クロスステッチしてると布の端から糸がほつれてくるけど、どうしたらいいの? アイーダやジャバクロスなどのクロスステッチ布は、刺していると布の端から...

 

 



毛羽立たない方法(毛羽立ち防止)

刺繍糸を毛羽立たせないためには、糸と布ができるだけ擦れないように刺すことです。

 

針の太さ

糸より細い針だと、針が通ったあとの穴が糸より小さいため糸が布に擦れて毛羽立ってしまいます。

針のサイズを変えて、太い針を使うことで針穴が大きくなり糸の摩擦が減り毛羽立ちを抑えられます。

※糸より針が太すぎると、針穴が目立ってしまうので注意です。

 

何号のクロスステッチ針で刺すかの目安

25番刺繍糸の場合 みすや針 針の号数
1~2本取り 寸1 26号
3~4本取り 寸2 24号
5~6本取り 寸3 22号

 

おすすめのクロスステッチ針「三條本家 みすや針」
こんにちは、ReyLuke(れいるーく)です。 どのメーカーのクロスステッチ針が使いやすいの? 今なら迷わず「三條本家 みすや針」をおすすめします。 ずっと気になっていた「みすや針」を、...

 

布目の大きさと糸の本数

クロスステッチ布はカウント数によって布目の大きさが違います。

布目の大きさより太い本数の糸で刺すと、糸が布にこすれて毛羽立ちやすくなります。

例えば、「14カウントの布で4本取りで刺す」などです。14カウントの布なら2本~3本取りがおすすめです。

 

何本の糸で刺すかの目安

6~8カウント 6本取り ジャバクロス25(粗目)
9~13カウント 4本取り ジャバクロス35(中目)ジャバクロス45(細目)
14~19カウント 2本取り ジャバクロス55 ジャバクロス65
20カウント以上 1本取り 綿オックスフォード

 

クロスステッチのやり方|布と糸の下準備から刺し始めと刺し終わりの処理
こんにちは、ReyLuke(れいるーく)です。 今回は、クロスステッチのやり方を初心者にもわかりやすく解説します。 「やり方」と一言でいっても ・はじめるために必要な道具 ・刺し方の基本 ・上手く刺すコツ ...

 

糸の長さ

糸が長すぎると刺しているうちに糸が毛羽立ってしまいます。

理由は、糸が布にこすれる回数が多くなるからです。

1回分の長さは、40~50cmがおすすめです。

※糸が長いと、刺し間違えて糸を抜く時にも布との摩擦で糸が毛羽立ちやすいです。

 

糸が短いと糸の始末が面倒、糸替えであまった糸がもったいない。

ずっと同じ色の糸で刺し続けるときは、できるだけ長い糸を使って糸交換の回数はなるべく少なくしたいですよね。

刺繍糸が長いと糸がねじれたり毛羽立ったりしやすいですが、あまり気にならない人は長い糸で刺しても問題ありません。

 

残り糸のギリギリで長さに余裕がないとき糸の始末はこちら

残り糸が短すぎて糸の始末ができないときの対処法【クロスステッチ】
こんにちは、ReyLuke(れいるーく)です。 あと少しで今の色が刺し終わるとき、最後まで刺したら残り糸がギリギリってことありませんか。 残り糸の長さに余裕がないとき糸の始末はどうやったらいい...

 

 

丈夫な刺繍糸を使う

100均の刺繍糸は柔らかいので、刺していると毛羽立ちやすく切れやすいです。

なるべくメーカー刺繍糸を使うようにしましょう。

・DMC刺繍糸
・オリムパス刺繍糸
・コスモ刺繍糸
・アンカー刺繍糸

この中から近くの手芸屋さんで売っているメーカーの刺繍糸を選ぶのがいいでしょう。

手芸屋さんで売っているメーカーの刺繍糸なら、もし糸が足りなくなってしまったり、新しい色の刺繍糸が必要になっても、すぐに買い揃えることができます。

 

製造工程がしっかりしているメーカーの刺繍糸は丈夫で毛羽立ちにくいです。

 

25番刺しゅう糸ができるまで【オリムパス製絲】

 

 

刺繍糸を丈夫にする方法

毛羽立ち防止をすべて試してみて、それでも毛羽立ちが気になる人には「刺繍糸を丈夫にする方法」があります。

糸にワックスを塗ることで、毛羽立ちが抑えられて布通りをスムーズにしてくれます。

 

糸用ワックス

 

糸を強化しもつれを防ぎます。滑りが増し刺しやすく、布通りがよくなります。

 

ケースの溝に糸を通し、ワックスにあてながら糸を引けば、すぐさまワックス加工の糸に変身です。

 

糸の滑りを良くするスプレー

 

ひとふきでスムーズ。手仕事ラクラク♪
シリコンなのでイヤな匂いやべたつきがなく、シミや汚れがつきません。

糸にかければもつれや糸切れを防ぎます。

 

ペンタイプもあります。

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました